解体での不法投棄とは

無料で解体業者様を3社ご紹介します。

解体での不法投棄とは


建築解体廃棄物の不法投棄の発生要因とは、委託費用に係る事や廃棄物管理体制に係る事、
又処理システムに係る発生要因があります。
委託費用に係る要因は、解体業者に対して適正な解体、
処理費用が支払われないなどの要因があります。
また不適正処理を前提にして、安値で請け負う解体業者及び中間処理業者がいます。
廃棄物管理体制に係る要因では、
排出事業者による最終処分までの注意義務の履行が十分ではない事や、
解体業者による末端業者までの適正処理についての徹底が不十分などの要因があります。

処理システムに係る要因ですが、都市部において、
全体として中間処理設備の整備は十分にあるのですが、
不法投棄の発生件数は非常に多いことが言えます。
中間処理能力を上回る廃棄物の処理を委託したり、
積替、保管施設を不法投棄の場所として利用している可能性が高いです。
また、地方部においては、中間処理能力を上回る廃棄物及び、
中間処理施設の整備が不十分などの要因があります。
解体現場から、トラック等で公道や農地などに不法に投棄されている現状があります。

←コラム一覧へ戻る